何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

BLACK CAT MARVEL BISHOUJO スタチュー ブラックキャット

「いつか盗むわ、アナタのハート♡」
BLACK CAT MARVEL美少女フィギュア

2011年2月25日発売予定

このフィギュアの概要である

マーベル・コミックの『スパイダーマン』に登場する「ブラックキャット」のフィギュアだ。


アメコミに詳しい人なら・・・

特にスパイダーマンのファンなら「ブラックキャット」は良く知るところだと思う。


MARVEL界では異色の「怪盗」という設定とコケティッシュな魅力で人気の彼女を初登場時のクラシック版コスチュームにて再現されているとのことだが、逆に新鮮味があって良い。


コミックでは、逮捕された父親を脱獄させるために彼女(フェリシア・ハーディ)はブラックキャットのコスチュームを纏った。そしてその夜、彼女はスパイダーマンと出会う。

過去の経験から男性に嫌悪感を抱く彼女だったがスパイダーマンだけには心惹かれていくのである・・・。深い恋愛感情を持ったり、時には嫉妬したり、最終的には・・・であるが、なかなかのキャラである。


さて、このフィギュアだが原作のイメージからは相当離れている。・・・どこにもエグさが見当たらない。全体的に萌ている・・・特に目なんかキュートだ。

本当のブラックキャットは、いかにもアメリカンなワイルドさがある。エグさがある。何だか知らんが臭ってくるようなイメージだ。

では、このフィギュアはダメなのかと言えば・・・全く逆だ。いい・・・すごくいい!

上手に日本人好みに味付けされたハンバーガーのようだ。日本の料理人が手を加えると格段に上手くなると思うのは、やはり私が日本人だからだろう。

言っちゃ悪いが、本場のハンバーガーは不味い。日本人好みの繊細さが無いからだ・・・単に私の味覚に合わないだけだろうか?・・・と、例えをあげてみたが後味が悪いので画像のチェックを始めるとする。

画像をあれこれチェックだ

BLACK CAT MARVEL
画像拡大

う~む、萌ている萌ている。


一般的な萌キャラからすると、まだ萌具合が甘いと感じるかもしれないがアメコミファンに言わせれば遺憾の意を表さねばならんほどキュートであろう。


本家のアメコミでは、これほどスリムでキュートなヒロインなど未だかつて存在していないのではなかろうか?



BLACK CAT MARVEL
画像拡大

アップである。


実は今、密かにアメコミキャラを萌キャラ化するのが流行っているようだ。


普段アメコミに触れていない人からしてみれば、どうってことのないフィギュアとして映るだろう。・・・そう思って下に用意したのが原作のイラストだ。



BLACK CAT MARVEL
画像拡大

怖っΣ( ̄口 ̄*)


アメコミの女性キャラは大体こんな感じである。


なんとも野趣あふるるヒロインだ。エグいと言ったらいいのだろうか?何かが臭ってきそうな感じすらするのである。


ちなみに“アメコミ”とはアメリカンコミックの略である。アメリカのマンガ雑誌のことを一般的に“アメコミ”と言うことが多いのである。



BLACK CAT MARVEL
画像拡大

サイドショウ作のブラックキャットである。さすがと言うべきか、これはもう悩殺のアイテムと化している。


ちなみにこれは“amazonブラックキャット”か“ホビーサーチ ブラックキャット”で入手が可能だ。・・・但し3万円以上の値が付いている。


そんな高値ではあるがアメコミのファンにしてみれば、どうしても欲しいフィギュアの一つである。



BLACK CAT MARVEL
画像拡大

あらためて見てみると萌え具合がよくわかると思う。


この萌え系ブラックキャットなら攻めてこられても私でも何とか相手になりそうな気がするが、マーベルのブラックキャットと戦うことになったら・・・とても敵いそうにない・・・。


髪の毛が爽やかに揺れている表現は見事だ。


なんか、ブラックキャットと言うよりも“キャッツ♥アイ”と言った方が適しているようにも思うぞ。



BLACK CAT MARVEL
画像拡大

日本人好みである。・・・いや、単に私好みなのかも知れん。


アメコミキャラの萌え化の中でも最高傑作の部類に入るのではないかと思っているところである。


ボディスーツの光沢具合なんぞ・・・たまらんのぉ(v≧∇≦)v



予約の検討をする

オリジナルのブラックキャットとは見た目が大きく異なるので好みの別れるフィギュアだるう。


私としても、この萌えブラックキャットと本家ブラックキャットは結びつかないのである。

恐らくアメコミファンはこれを買うことはないだろうから、即売り切れる心配はないとしてもキュートな造形には心を奪われる。・・・などとのん気なことを考えていたら随分品薄になっているようだ。・・・まったく油断も隙も無い。


一つの立体造形物として捉えた場合、獲物候補からは外すことができない美少女フィギュアである。


仕様、価格、通販などの情報である
作品名BLACK CAT MARVEL BISHOUJO スタチュー ブラックキャット
製造・販売コトブキヤフィギュア
出演作スパイダーマン(公式サイト
参考価格6,510円(税込)
スケール1/7(全高:約230mm)
付属品・特徴等-
商品形態PVC・ABS製 塗装済み完成品
原型製作塚田貴士、ゆま(GILLGILL)
通販サイト amazon美少女フィギュア(5,354円)
あみあみ 美少女フィギュア(4,950円)
コトブキヤ 美少女フィギュア(6,510円)
DMM.com(5,533円)
ビッグビィ 美少女フィギュア(5,403円)
ホビーサーチ 美少女フィギュア(5,208円)

購入前には、くれぐれも詳細等の確認をするように。

スポンサーサイト
テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スパイダーマン  Trackback:0 comment:0 

Marvel - Comiquette: Spider-Man

スパイダーマンスパイダーマン

2011年3月ごろ発売予定

マーベル・コミックの「スパイダーマン」である。

日本では映画の方が知られているかも知れんな。

ところで、マーベル・コミックとは、ニューヨークに本社を置くアメリカの漫画出版社のことである。要は、アメコミ会社の1つだ。


このフィギュアは、価格の面だけで見ると非常に高価だと言わざるを得ない。

一方で、極論ではあるが「48,000円をお前にやるから同じものを作ってみろ!」と言われても到底できる気がしない。そう考えれば安いものであるし、48,000円を高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだ。

しかし、・・・私にとってこの価格は、思わず舌打ちしてしまうものだ。


少なからずスパイダーマン関係のものをコレクションしている人にとっては喉から手が出るほど欲しいに違いない。絶妙なバランスで壁に張り付き、ウェブシューターを発射しようとする様は、スパイダーマンならではの見事なポージングだ。全身の隆起した筋肉にいたっては、見とれてしまい溜息が出そうだ。


初回限定生産だけに是非とも手中に収めたいフィギュアだ。

・・・私の個人的な経済事情のみが懸念される。

作品名Marvel - Comiquette: Spider-Manスパイダーマン
製造・販売SIDESHOW
出演作スパイダーマン(公式サイト
参考価格48,000円(税込)
スケールノンスケール(全高:約600mm)
商品形態レジン
原型製作-
テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スパイダーマン  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。