何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

『フリクリ‐FLCL』RIO:bone カンチ(赤)

ナンダバ家の“家事手伝い”カンチ再び!
フリクリ

2012年11月 発売予定

子供から大人へ・・・成長を描いた深いストーリー

ガイナックスとProduction I.Gにより製作され、海外ではバカうけだったものの、日本においては高評価を与える者と素通りする者とに分かれた・・・と思っていたら、ここ最近の独自調査で意外にも皆しっかり観ていたことが判明したOVA『フリクリ(FLCL)』より、ナオ太の額から出現したロボットのような物体「カンチ」のフィギュアが、戦闘モードを表す赤色を纏って再び登場である。


先にも述べた通り、今回のカンチは赤色である。

通常の状態を表す緑色のカンチは、すでに発売されておりファンを中心に大変な高評価を得ている。そして、この度は「むしろ赤い方を待っていた!」という者には嬉しい限りのフィギュアのリリースである。


・・・とは言え、やはりパッと見では好みの分かれるカンチのエクステリアであることは客観的に捕らえると否めないところだろうと思う。逆に言うと、OVAの『フリクリ(FLCL)』を観る前と後では大きく印象が変化するのも事実である。


なお、今回の「カンチ(赤)」は以前に発売された「カンチ (緑)」と付属品の互換性があることを付け加えておく。互換性を見越してのためか、今回の「赤カンチ」は付属品が少なめになっている。したがって、おのずと価格も下げられている。


真っ赤に光る戦闘モードで登場だ!

フリクリ
画像拡大

う~む、カンチだ。激しいバトルを物語るが如くボロボロになったポンチョが雰囲気を出している。

「真っ赤に光る戦闘モード」なととのことだが、別に発光ギミックが仕込まれているわけでは無さそうだ。前回の、カンチ(緑)では全体的にツヤ消しのカラーリングだったが、カンチ(赤)では一部でツヤあり処理が施されているため、このような表現をしているようだ。



フリクリ
画像拡大

いわば、すでに発売中の「カンチ (緑)」の色違いバージョンであるわけだから、可動については申しぶんあるまい。

もちろん、要望をあげれば無いわけでもないが、ファンにとっては十分納得できるものだと考えて良いだろう。



フリクリ
画像拡大

付属品の一覧である。

この画像には頭部パーツは一種類しか載っていないが、セット内容としては2種類の頭部パーツがあり、1つはこの画像にもある破損した状態のものと、1つは破損前の頭部パーツが付属する内容になっている。

なお、“アトムスク”シートは、顔のモニターみたいな部分に挟んで使用するものである。まァ、差し替えの表情パーツだと考えればいいだろう。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

RIO:bone カンチ(赤)

製造

千値練

キャラ情報

フリクリ

参考価格

5,800円(税込)

スケール

-

サイズ

約175mm

付属品

・頭部(破損ver)

・ベース・マント

・拳(左右)

・開き手A(左右)

・開き手B(左右)

・開き手C(左右)

・ベース持ち手(右)

・ベース持ち手(左)

・アトムスクシート

製品形態

ABS・PVC・PA製 完成済みアクションモデル

仕様、その他

-

原型制作

石澤タカユキ

通販で購入

Amazonで注文する。(4,563円:税込み)

あみあみで注文する。(4,400円:税込み)

ホビーサーチ で注文する。(4,640円:税込み)

価格については君の目で実際に確認した方が良いだろう。



スポンサーサイト
テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:フリクリ  Trackback:0 comment:0 

RIO:bone カンチ(緑) 『フリクリ』

ナンダバ家の“家事手伝い”カンチ登場!!
フリクリカンチ

2012年6月 発売予定

謎の女が乗ったべスパに轢かれ、その日からあり得ないことだらけになる。

ガイナックスとProduction I.Gにより製作され、日本においては高評価を与える者と素通りする者とに分かれたが海外ではバカウケのOVA『フリクリ(FLCL)』より、ナオ太の額から出現したロボットのような物体「カンチ」のフィギュアが登場である。


・・・・・・「カンチ」?

カンチと言えば、赤名リカが永尾完治を呼ぶ時の愛称である。

永尾完治とは、すなわち織田裕二だ。

「どこが?」と問われれば言葉を濁すほか無いが、このロボットは織田裕二に似ているように見えないでもないかも知れないと少し思い始めたかも知れない。う~む、したがって今回のフィギュアは概ね織田裕二をモチーフにしたフィギュアだと考えても差し支えないのではあるまいか?

・・・・・・それにしても『東京ラブストーリー』というやつは、ありがちな事ではあるものの原作とドラマとでは内容に大きな違いがあってガッカリしたものだ。


・・・・・・ん?

フリクリについて?・・・・・・あぁ、


全身フル可動で日常パート再現!

フリクリ
画像拡大

う~む、素晴らしい造形だ言うことはない。

見事にカンチが再現されている。


ひいきしないで見た場合、『フリクリ』は映像や新しい試みなど素晴らしい部分は多いものの日本ではイマイチ人気を獲得できなかったように思われる。だが、こうしてフィギュアのカンチを眺めてみるとディズニー映画に登場していても不思議じゃないキャラのように思える。

いかにも人間臭いと言おうか、愛嬌があると言うか、ともかく私はこんなキャラが好きである。



フリクリ
画像拡大

豊富な付属品のから、ポンチョ、ショットガン、フェイスガード、バンダナを組合わせれば、劇中のサバゲーシーンをも再現することが可能である。


銃+ポンチョの組合わせが成立するのは“星野鉄郎”氏のみだと思っていたのに、このカンチも完璧に決まっている。う~む、カッコいい。


フリクリ
画像拡大


ちなみに、コレが付属品の一覧である。



フリクリ
画像拡大

言うに及ばずアクションについては申しぶんなさそうだ。


この画像のカンチは付属品のMA-1を着用している。私自身、寒い時期の部屋着としてMA-1を愛用しているので親近感があって良い。

しかしコレ、上は着ているのに下は穿いていない・・・、人間様ならこの格好で外出した際には逮捕されるから真似をしてはダメだ。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

RIO:bone カンチ(緑)

製造

千値練

キャラ情報

フリクリ

参考価格

8,500円(税込)

スケール

-

サイズ

約175mm

付属品

・MA-1

・ショットガン

・ポンチョ

・ゴーグル

・マスク

・ダンボール

・羽

・天使の輪

・たっくん

・拳(左右)

・開き手A(左右)

・開き手B(左右)

・開き手C(左右)

・グローブ(左)

・武器持ち手(右)

・指立て手(右)

製品形態

完成済みアクションモデル

仕様、その他

-

原型制作

石澤タカユキ

通販で購入

アマゾンカンチで注文する。(7,800円:税込み)

あみあみ カンチで注文する。(6,460円:税込み)

ホビーサーチ カンチで注文する。(6,375円:税込み)

価格については君の目で実際に確認した方が良い。



テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:フリクリ  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。