何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

S.H.MonsterArts ゴジラ(1995)

ゴジラ死す
ゴジラ
Amazon.co.jp ロゴボタン

2012年11月 発売予定

平成ゴジラ衝撃作!!

ゴジラの最期を描いた、平成ゴジラの中でも衝撃的なストーリー展開の劇場作品『ゴジラvsデストロイア』(1995年公開)。その劇中に登場した体内エネルギー暴走状態の「ゴジラ(1995)」をS.H.MonsterArts化。・・・・・・と言うことである。以上の文章はバンダイのサイトに書かれていたものを引用した。


君も普段から「はたしてゴジラは人類にとって敵なのか?それとも味方なのか?」などについて友人たちと激しく議論されることもしばしばだと思われるが、それよりも本当にゴジラのような怪物がわが国に出現したら日本の政府はどのような対応をするのか興味がある。壊滅されかねない国土。世界の反応は?それにより求められる早期の解決策・・・。見事、ゴジラを仕留めた場合、その全身放射能のご遺体はどのように処理されるのか?・・・・・・不謹慎かも知れないが、ゴジラの出現はちょっと楽しみだ。


バーニングゴジラ!!

ゴジラ
画像拡大

うっひょ~っ!カッコいいな。


核エネルギーの暴走によりゴジラの体が所々赤く光り輝いている状態が再現された彩色は非常にカッコいい。

劇中では、たしか自爆したかたちになったように記憶しているが、こんなのに自爆されたら核爆発を誘発したりしてたまったもんじゃないだろう。むしろ生体のまま暴れてもらった方がましかも知れん。



ゴジラ
画像拡大

見て分かる通り可動フィギュアとなっている。

各関節部分も目立ちにくいため変な違和感がないのがいい。


全高は約155mmほどであるが、巨大なしっぽのお陰で随分と大きく感じることだろう。また、そのしっぽのお陰で自立するにも不自由しないようだ。



ゴジラ
画像拡大

初回特典には東宝特撮メカのメーサー車が2種付属することになっているようだ。

メーサー車の詳しいサイズなどは不明だが、小さい割に丁寧に作られているように見られるので有難く頂戴したいと思う。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

S.H.MonsterArts ゴジラ(1995)

製造

バンダイ

参考価格

7,140円(税込)

スケール

-

サイズ

全高:約155mm

セット内容

本体

製品形態

-

仕様、その他

初回特典には東宝特撮メカのメーサー車が2種付属

原型制作

-

ネット通販で購入

アマゾンで注文する。(5,446円:税込み)

あみあみで注文する。(4,990円:税込み)

ホビーサーチ で注文する。(5,355円:税込み)

表示した価格は、通販サイトとは異なることがあるので君が自分で確認した方がいいだろう。



スポンサーサイト
テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ゴジラ  Trackback:0 comment:0 

ゴジラ&タワー ALWAYSセット

昭和感覚のカラーリングがたまらないALWAYSシリーズ
ゴジラ

2012年7月 発売予定

怪獣の代名詞的存在

『ゴジラ』は、自己再生能力遺伝子・・・いわゆるオルガナイザーG1・・・通称G細胞を有するがため、それの所有権を巡って国家間で争いが絶えないことは君も知っての通りである。

しかし、それは劇中の話であって実際にはゴジラを巡っての争いなど発生していない。実のところゴジラとは架空の生物なのだ。


ゴジラのモチーフとなったのは、かつてベーリング海からマーシャル諸島にかけての広範囲に生息していたゴジラザウルスであるとされている。

劇中においては、そのゴジラザウルスが核実験の影響により巨大怪獣のゴジラと化したとされているが、私にはその流れはどうも信じがたいところではある。

ただし、ゴジラザウルスについては第二次世界大戦中に日本兵による目撃証言があるらしいため比較的近年まで生息、あるいは現在もなお生息しているのではないかと考えられている。


今回は、ゴジラとタワーのフィギュアを取り上げてみた。

画像は上の物しか見つけられなかったのが残念であるが、雰囲気としては“昭和”をイメージしているとのことである。

カラーリングにいたっては、私たちの知らないゴジラがそこにいる感じだ。そして、横のタワーは恐らく東京タワーをイメージしたものだと考えられる。名称はマルサンタワーとされている。ちなみに、埼玉県越谷市の激安スーパーマルサンとの因果関係は認められなかった。


それにしても、定価で10,500円(税込)という予期もしない高額品である。

君は、このフィギュアにその価値を見出せるか!?


今回に限り、君にもこの製品を射止めることを許可しよう。

ネット通販で購入

アマゾンで注文する。

あみあみで注文する。(8,380円:税込み)

ホビーサーチ で注文する。(8,400円:税込み)

表示した価格は、通販サイトとは異なることがあるので君が自分で確認した方がいいだろう。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

ゴジラ&タワー ALWAYSセット

製造

マルサン

参考価格

10,500円(税込)

スケール

-

サイズ

ゴジラ:230mm/タワー:300mm

付属品

-

製品形態

各部可動ソフトビニール製彩色済完成品ディスプレイモデル

仕様、その他

-

原型制作

-




テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ゴジラ  Trackback:0 comment:0 

東宝30cmシリーズ 「メカゴジラ(1974版)」

1974年モノのメカゴジラ
メカゴジラ メカゴジラ

2011年12月 発売予定

ブラックホール第3惑星人が製造した地球侵略用兵器

1974年公開の映画『ゴジラ対メカゴジラ』に登場したメカゴジラが、東宝30cmシリーズのビッグサイズでフィギュア化されて登場だ。


今回のメカゴジラは、映画シリーズを通じてのファーストモデルと位置づけられるものである。


劇中においてのメカゴジラのスペックは、全高:50m、重量:4万t、最大出力:非公開、最大飛行速度:マッハ5とされている。そして、装甲には、見た感じゴツゴツして堅そうだが、本当は柔らかいんじゃないの的なスペースチタニウムが用いられている。なお、このスペースチタニウムを極度に軟化させたものを“やわらか戦車”が採用しているのではないかとみて調査中である。


言うなればニセゴジラ、されどメカゴジラ

メカゴジラ
画像拡大

すごい!

まるっきり、実際のメカゴジラと同じに見える。


この構えは・・・・・・恐らく、スーツアクターが“サンダーストーム北尾”の場合と前提した上でポージングさせているのだろう。



メカゴジラ
画像拡大

う~む、メカゴジラの真正面だ。

案外、真正面からメカゴジラの全身像を見ることなど少ないので新鮮な印象を受ける。


なお、首と手首の回転に加え、口と胸部カバーの開閉ギミックを搭載しているそうなので“クロスアタックビーム”を発射させるようなアクションなどもそれなりに楽しめそうだ。



メカゴジラ
画像拡大

横から見ても堂々としたものである。

このメカゴジラが見つめる視線の先にはゴジラがいて、まさに対峙している瞬間であることが容易に想像できる。


ゴジラとの壮絶な戦いの末、衝撃的な最期を遂げるメカゴジラ・・・・・・このシーンはある意味、「まどか☆マギカ巴マミ」の展開にも影響を与えているかも知れないとの噂である。



メカゴジラ
画像拡大

う~む、メカゴジラの尻尾が短いことには薄々気付いていたが、先端がこのような形状になっているとは知らなんだぞ。


詳しくは記憶にないが、この部分も特徴的な武器になっていただろうか?あるいは、排気ガスを吐き出すための穴だったか?


まァ、なんにせよクオリティに文句は無い。ただ、もうちょっと値段が安ければ・・・・・・と思うだけである。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

東宝30cmシリーズ 「メカゴジラ(1974版)」

製造

少年リック(株式会社エクスプラス)

参考価格

18,900円(税込)

スケール

-

サイズ

全高:約330mm

付属品

専用台座

製品形態

PVC(ソフビ)製 塗装済み完成品(一部組立あり)

仕様、その他

-

原型制作

-

通販で購入

アマゾンメカゴジラで注文する。(18,900円:税込み)

あみあみ メカゴジラで注文する。(15,600円:税込み)

ホビーサーチ メカゴジラで注文する。(15,120円:税込み)

※上記した価格は参考までに表示している。実際の通販サイトとは異なる場合もあると心得よ。



テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ゴジラ  Trackback:0 comment:0 

東宝30cmシリーズ ゴジラ(1992版)

極彩色の大決戦
ゴジラ ゴジラ

2011年8月 発売予定

平成ゴジラシリーズより

日本が世界に誇る特撮怪獣映画『ゴジラ』より、メインキャラの「ゴジラ」のフィギュアが登場だ。


ゴジラのフィギュアはこれまでも数多く製品化されているが、今回のものは1992年のお正月映画として劇場公開されたゴジラ映画の第19作目“ゴジラvsモスラ”における「ゴジラ」をモチーフとしている。

東映において地球の三大怪獣とは、ゴジラ・ラドン・モスラであるとされているため、その三大怪獣のうちニ体が出演した時のゴジラは価値があるものと言えるかも知れん。


なお、三大怪獣は先ほど述べたゴジラ・ラドン・モスラとのことであるが、世間の認識としてはゴジラ・ガメラ・キングギドラの方が強いようである。さらに不本意ながら、四天王を選ぶ場合に限り北の怪獣“プルガサリ”は、凶暴凶悪性から認めざるを得ない存在感を有していると専門家はみている。


筋肉質的かつ、戦闘的なシルエット

ゴジラ
画像拡大

早速だが、ここに極秘ルートにて入手したゴジラの断面図がある。

なにぶんグロ画像なので心臓の弱い者は見ないことだ。

しかし、一体どこの誰がゴジラを解剖して調べたのかと言うことも含めて、非常似興味深いものである。特に注目すべきは“胃”と“肺”が同じ臓器であるという点である。

そして体の比率に対して“脳”が極めて小さい。この身体的な特徴はフィギュアでも上手く再現されている。



ゴジラ
画像拡大

怪獣と呼ぶに相応しい後姿だ。

劇中の設定では全高が100mとされている見事な巨大怪獣だ。


不満な点がないわけでもないが、それでも及第点は与えられる造形だと思われる。・・・・・・が、どう考えても定価で19,740円もするのは高過ぎだと思うぞ。



ゴジラ
画像拡大

いかにも凶暴そうな顔つきが素晴らしい。


私たちのところへ届く製品もこれと同様のクオリティなら言うことはない・・・・・・いや、もっと価格を下げてもらえんかのぉ?



仕様、価格、通販などの情報

作品名

東宝30cmシリーズ ゴジラ(1992版)

製造

少年リック(株式会社エクスプラス)

キャラクター情報

ゴジラ on the Web

参考価格

19,740円(税込)

スケール

ノンスケール

サイズ

全高:約330mm

付属品

-

製品形態

PVC(ソフビ) 塗装済み完成品(一部組立あり)

仕様、その他

-

原型制作

-

通販で購入

アマゾンゴジラで購入する。

あみあみ ゴジラで購入する。(16,340円:税込み)

ホビーサーチ ゴジラで購入する。(15,792円:税込み)

※上記した価格は参考までに表示している。実際の通販サイトとは異なる場合もあると心得よ。


テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ゴジラ  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。