何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

グッとくるフィギュアコレクション ラ・ボーテ03『狼と香辛料II』ホロ

ぬしよ、わっちにりんごを買ってくりゃれ?
狼と香辛料 狼と香辛料

2011年7月 発売予定

ぬし様よ

中世ヨーロッパ的世界観の中で繰り広げられる経済活動をその主題に置き、ありがちな“剣と魔法”が登場しない新感覚ファンタジーと言いつつ、麦の豊作を司る“狼神”だというある意味において剣や魔法よりもベタなファンタジー冒険アニメの第二期『狼と香辛料II』より、15歳ほどの可憐な美少女の姿に亜麻色の長い髪を風が優しく包み、ネコ耳ならぬ“オオカミ耳”と“赤味がかった琥珀色の瞳”という奇妙な色をした瞳孔と先だけ白い立派な尻尾を持つ「ホロ」のフィギュアが登場だ。


さて、今回のフィギュアであるが画像では着衣を身に付けていないように見られる。

実は、この「ホロ」の正体は人間を丸呑みできるほどの巨大な人食い“狼”で数百歳を越えるため日本国に在住していれば“後期高齢者”に該当するのである・・・・・・いや、狼だけにこれは関係ない話だ。

とにかく、実体は狼なので擬人化した「ホロ」の姿は文字通りフェイクである。

これは「見た目に囚われてはならない」という良い例である。外観だけを注視していると本質を捉え損なうことになるのだ。


従って、このフィギュアを一部の通販サイトでは大人向けの製品として扱っている向きもあるようだが、正直「どこが?」と言う感じである。なぜならホロの実体は狼なのだ。狼の着衣姿の方が不自然極まりないからである。


旅の続きを見てくりゃれ

狼と香辛料
画像拡大

う~む、実体は狼だとは言え見た目は可憐な美少女だ。


幸か不幸か大事な部分は巧みに隠されているので私も冷静さを保っていられる。


非常に物欲をそそられるフィギュアだがもっと冷静になって考えると、ホロのことを全く知らない人が見た場合“猫耳”で“素っ裸”のわいせつフィギュアにしか見えないだろう。いや、知っているとしても購入するには潔いその造形に加え価格を踏まえて考えても躊躇してしまう。

部屋に飾るとなると、やはり自分以外の人の目も気になるので勇気がいるだろう。



狼と香辛料
画像拡大

う~む、欲しい。欲し過ぎる。欲しくてたまらん。


いやその・・・スケベな目線ではなく、ホロの大好物の“林檎”と狼に戻るための“麦”との組合わせが、一種の癒しすら与えてくれる構図のように感じられるシュチュエーションを切り取ったような見事な造形が所有したい気持ちを後押しするのである。


もちろん、スケベ心から購入を決意するのも有りだ。


また、劇中においてのホロは何百年もパスロエ村に“麦の神”として拘束されていた過去があるので、農家の神棚に“豊年満作”を祈願し祭ってもいいだろう。いや、本当に。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

グッとくるフィギュアコレクション ラ・ボーテ03『狼と香辛料II』ホロ

製造

CM's Corporation(シーエムズコーポレーション)

原作名

狼と香辛料II(Official web site)

参考価格

9,975円(税込)

スケール

ノンスケール(全高:約220mm)

付属品

-

製品形態

PVC/ABS 彩色塗装済み

原型制作

-

通販で購入

アマゾン狼と香辛料で購入する。(7,539円:税込み)

あみあみ 狼と香辛料で購入する。(7,100円:税込み)

サーパラショップ 狼と香辛料で購入する。(9,476円:税込み)

ホビーサーチ 狼と香辛料で購入する。(7,980円:税込み)

スポンサーサイト
テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:狼と香辛料  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。