何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

figma(フィグマ) ロボコップ

圧倒的なパワーで犯罪を取り締まる、孤高のヒーロー!
ロボコップ ロボコップ

2011年8月 発売予定

エコロジーの極み!リサイクル警官の物語

1987年に公開されたアメリカの近未来SFアクション映画『ロボコップ』より、殉職した警官の遺体をリサイクルしたエコ警官「ロボコップ」が“スムーズ且つキチッと決まる”オリジナル関節パーツでお馴染みのfigma化されて登場だ。


ロボコップのそのエクステリアは「宇宙刑事ギャバン」の影響をモロに受けていることは周知の通りであろうが、私はロボコップの開口部を見るにつけ「ライダーマン」あるいは「星雲仮面マシンマン」からインスパイアされたものであることを見抜いている。


ロボコップの正式名称は「OCP Crime Prevention Unit 001」と言うらしいのだが何の意味なのだかさっぱり分からん。


さて、そんなロボコップがなぜ今頃になってフィギュア化されるのかさっぱり分からん。


オムニ社製のサイボーグ警官「ロボコップ」

ロボコップ
画像拡大

う~む、ロボコップ。


造形に対して、これと言って文句はない。私のイメージ通りのロボコップの姿がここにある。


しかし、予定されていた“リメイク版ロボコップ”の製作が頓挫してしまった今となっては購入する動機が乏しい。



ロボコップ
画像拡大

何気ない後姿であるが、さまざまな関節を可動させたアクションポーズをとっている。


モチーフがロボットだけに各関節部分の処理に違和感がない。


私は、過去に映画のロボコップを観ているため先入観があるのかも知れないがドッシリとした重厚感も感じられる。



ロボコップ
画像拡大

このように、右大腿部から銃を取り出すシーンも再現されている。

映画でも、このアクションは実にカッコイイのである。


ただし、今回のフィギュアでは交換用パーツよって再現されるものなので、開閉ギミックにはなっていないようだ。



ロボコップ
画像拡大

“データ・スパイク”も差替えパーツとして付属するようだ。


これは、情報端末にアクセスする際に使用するスパイク状の接続端子なのであるが、ロボコップにとっては“ベアークロー”のつもりなのか敵に突き刺すというとんでもない使い方をする。


ちなみに、ロボコップのコンピューターのOSは“MS-DOS”なのだそうだ。



ロボコップ
画像拡大

頭部パーツには“ダメージバージョン”も付属する。


M属性のユーザーにも対応するという心憎い付属品である。


造形は申しぶんない。付属品も充実している。価格も相応である。

持っていても損のない価値あるフィギュアだと言えるだろう。

ズバリ、買いだ。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

figma(フィグマ) ロボコップ

製造

MAX FACTORY(マックスファクトリー)

参考価格

3,500円(税込)

スケール

ノンスケール(全高:約155mm)

付属品

・頭部差替えパーツ(通常の状態とダメージver.の2種)

・ロボッコップ専用銃“オート9”

・発砲エフェクト

・右大腿部から銃を取り出すシーンを再現できる交換用パーツ

・データ・スパイク等の差替え手首

・可動支柱付きfigma専用台座

製品形態

ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア

原型制作

マックスファクトリー・浅井真紀

通販で購入

アマゾンロボコップで購入する。(3,212円:税込み)

あみあみ ロボコップで購入する。(2,580円:税込み)

ホビーサーチ ロボコップで購入する。(2,800円:税込み)

※価格は変更される場合があるので購入に際しては必ず通版サイトで確認せよ。

スポンサーサイト
テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ロボコップ  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。