何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

Dr.スランプ アラレちゃん EX合金DXアラレちゃん ネコ耳Ver.

わくわくっ!!はやくあそんでちょっ!!!
Dr.スランプ

2013年2月 発売予定

ほよよ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されていた鳥山明氏の漫画『Dr.スランプ』を原作としたテレビアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』より、色んな意味で破壊力抜群の主人公「則巻アラレ」と、ゴム以外のあらゆるものを食べる大食漢・・・いや、性別は不明の「則巻ガジラ」のフィギュアが登場である。


テレビアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』は、1981年4月8日から1986年2月19日にかけてフジテレビ系列で放送され大ブームを巻き起こしたことで知られている。


このブームは、企業のマーチャンダイジングにも多大な影響を与えたともいわれている。

特に影響が強かった文具業界では、アラレちゃんをキャラクターとして起用した商品が一時的に飛ぶように売れたものの、戦略を誤りブームの波を泳ぎきれなかった多くの企業は結果的に塩漬けの不良在庫を抱える羽目になり、以降、キャラクター商品の在庫管理には細心の注意が払われるようになったという。これを、いわゆる「アラレちゃんショック」と呼びいまだに伝説として語り継がれている。


んちゃ!

Dr.スランプ
画像拡大

う~む、確かにアラレちゃんだ。


ネコ耳に尻尾・・・・・・当時から、今で言う「萌キャラ」のスタイルは一種の定番だったのだろうか?それとも、アラレちゃんこそがネコ耳娘の先駆け的な存在だったりするのだろうか?



Dr.スランプ
画像拡大

アラレちゃんの後姿だ。


アクションフィギュアだけに関節部分のパーツが見えている。

どうやら、シャツとズボンは布製のようだな。



Dr.スランプ
画像拡大

この「則巻ガジラ」・・・通称「ガッちゃん」もセット内容に含まれている。


う~む、分かりにくいがガッちゃんの衣装も布製なのだろうか?・・・まァ、布でもPVCでも構いはせんが。



Dr.スランプ
画像拡大

う~む、何と言うか実に自然な後姿だ。何ら違和感を覚える部分がない。


「買ってもいいかな」とは思うものの、誰かが私の家に訪ねて来たときにこのフィギュアを見られたら、「今時、アラレちゃんかよ!」って時代錯誤しているように思われるんじゃないかと心配だ。・・・これでも私は、人の目を非常に気にするタイプなのだ。



Dr.スランプ
画像拡大

セット内容一覧である。


差替えの表情パーツが付属しポンポコガンまでもが付属する内容ながら、ウンチが付属しないのは解せない。枝に突き刺したウンチも付属している内容だったら即買いだったかも知れんな。・・・・・・注文に関しては、ちょっと検討することにしよう。



仕様などの情報

作品名

Dr.スランプ アラレちゃん EX合金DXアラレちゃん ネコ耳Ver.

製造

アートストーム

参考価格

9,800円(税込)

スケール

-

サイズ

アラレちゃん/約160mm ガッちゃん/約100mm

セット内容

アラレちゃん、ガッちゃん、耳付ヘルメット×1、しっぽ×1、握り手(黄・左右)×各1、開き手(黄・左右)×各1、キーン手(黄・左右)×各1、握り手(左右)×各1、開き手(左右)×各1、ポンポコガン×1、ベーススタンド

製品形態

ダイキャスト・ABS・PVC製 塗装済みダイキャストモデル

仕様、その他

-

原型制作

藤原 辰弘

ネット通販で購入

あみあみで注文する。(7,510円:税込み)

ホビーサーチ で注文する。(7,840円:税込み)

価格は参考までに表示しているだけなので、購入の際には該当するサイトの価格表示を確認して下さい。



スポンサーサイト
テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:Dr.スランプ  Trackback:0 comment:0 

Dr.スランプ アラレちゃん メカコレクション キャラメルマン7号

最大にして、最強のキャラメルマン7号がフィギュアで登場
Dr.スランプ キャラメルマン

2011年8月 発売予定

ペンギン村の個性的な住人たちの日常を描いたストーリー

“鳥山明”氏原作の漫画『Dr.スランプ』を原作とするアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』より、世界征服を企んでロボット“キャラメルマン”を造っている、むっつりスケベの超天才科学者・・・・・・当時、漫画『Dr.スランプ』を担当していた編集者“鳥嶋”氏とは一切関係はない“ドクター・マシリト”が、打倒アラレちゃんのために製造したロボットの7号機「キャラメルマン7号」がフィギュア化されて登場である。


世界征服を目指すドクター・マシリトが造った史上最強のロボット

Dr.スランプ
画像拡大

先立って発売されている同メーカーの「リブギゴアラレちゃん」と同様に、モチーフの良さはそのままにオリジナルのディテールを追加して格好良さをパワーアップさせた仕様となっている。


リモコンを持ったドクター・マシリトも付属されているので、より満足度の高い製品に仕上がっている。また、それをキャラメルマン7号の足の部分に乗せられるようになっている点も見逃せない。



Dr.スランプ
画像拡大

各関節の可動に関しては申しぶんなさそうだ。

後姿にも全く違和感を覚える部分はなさそうだ。


右手のハンマーは付属品のチェーンを取り付けて射出状態にする事できる。劇中ではコレでアラレちゃんの胴体を粉砕したのである。


カラーリングについても悪くはないが、私個人的な趣味からするともっと“ツヤ”があっても一向に構わない。



Dr.スランプ
画像拡大

なるほど・・・・・・口のところも可動するのだな。


さらに、足の裏までしっかり造り込みがしてあるところは好印象である。

左手のウルトラスーパーズビズバメッチャンコバズーカや、背中の都市ガスエンジンも完璧だ。


鳥山氏が描くメカの世界にはいつもワクワクさせられるこの私・・・・・・このキャラメルマン7号も手に入れるほかあるまい。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

Dr.スランプ アラレちゃん メカコレクション キャラメルマン7号

製造

CM'S(シーエムズコーポレーション)

キャラクター情報

Dr.スランプ.com

参考価格

9,975円(税込)

スケール

ノンスケール

サイズ

全長:約150mm

セット内容

本体、Dr.マシリト×1、チェーン×1、潰れた鼻×1

製品形態

ABS/PVC製 塗装済み完成品

仕様、その他

-

原型制作

-

通販で購入

amazonキャラメルマンで購入する。(9,427円:税込み)

あみあみ キャラメルマンで購入する。(7,180円:税込み)

※上記した価格は参考までに表示している。実際の通販サイトとは異なる場合もあると心得よ。


テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:Dr.スランプ  Trackback:0 comment:0 

EX合金 Dr.スランプ トリヤマ

鳥山明先生の像なのか?
Dr.スランプ トリヤマ

2011年9月 発売予定

天才が描く自画像とでも言おうか

鳥山明氏を代表する漫画の1つ『Dr.スランプ』にチョイ役として登場するときの、顔がガスマスクで体がロボットになっている鳥山明氏・・・作中では「トリヤマ」と呼ばれる原作者をフィギュア化した製品が登場だ。


空想的なメカのデザインを好む傾向が見られる鳥山氏が描くロボットや乗り物などの機械モノには、氏の独特の画風に類稀な天才っぷりを見ることができる。


それは、この「トリヤマ」とて例外ではない。


作中ではロボットの姿で登場する『Dr.スランプ』の原作者「鳥山明」氏のリアルな姿は意外にも人間のような姿をしており、頭のてっぺんからつま先まで全て我々人間と同じ素材で構成されているらしい。そして驚くことに背中にゼンマイのネジすら付いていないらしい・・・・・・しかし、画力は人間を遥かに超越している。したがって、鳥山氏を我々と同じ人間だと結論付けるのは早計である。ましてや、漫画家を目指す者に「努力を積み重ねれば必ず鳥山先生に近づけるよ!いや、越えることだってできるさ!」などと軽々しく言ってはならない。なぜなら漫画に登場する「トリヤマ」の姿が語るように、鳥山先生は人間ではない可能性が高いからだ。・・・・・・努力をしても人間には届かぬ目標も大いにあるのだ。


鳥山先生のファンは世界中にいると聞く。

その者たちは私以上に鳥山明氏について詳しく知っている。

よって、これ以上「トリヤマ」について私が語ることはなかろうし、これ以降記事を執筆しても最終的にツジツマを合わせる自信がないので、・・・・・・これにて終了する。


Dr.スランプ Dr.スランプ Dr.スランプ



仕様、価格、通販などの情報である

作品名

EX合金 Dr.スランプ トリヤマ

製造

ART STORM(アートストーム)

参考サイト

Dr.スランプ.com

参考価格

4,800円(税込)

スケール

ノンスケール(全高:約130mm)

セット内容

トリヤマ、Gペン、ベーススタンド

商品形態

ダイキャスト・ABS・PVC製 塗装済み完成品

原型制作

ACTION TOYS

通販で購入

アマゾントリヤマで購入する?(4,148円:税込み)
※2011年3月26日現在においてアマゾンでの価格は、わずかに1円ではあるが定価を上回る快挙を成し遂げた。利益は1円でも多くだ。

あみあみ トリヤマで購入する。(3,680円:税込み)

ホビーサーチ トリヤマで購入する。(3,840円:税込み)

その他、Dr.スランプ関連

Dr.スランプ
Dr.スランプ アラレちゃん メカコレクション 則巻アラレ
アラレちゃん

Dr.スランプ
Dr.スランプ アラレちゃん EX合金DXアラレちゃん
アラレちゃん

Dr.スランプ
Dr.スランプ アラレちゃん メカコレクション リブギゴ
アラレちゃん

Dr.スランプ
Dr.スランプ アラレちゃん ほぼ等身大ガッちゃん
アラレちゃん

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:Dr.スランプ  Trackback:0 comment:0 

Dr.スランプ アラレちゃん メカコレクション リブギゴ

劇場版Dr.SLUMP『“ほよよ!”宇宙大冒険』より
Dr.スランプ アラレちゃん Dr.スランプ アラレちゃん

2011年4月下旬 発売予定【 再販 】

数量限定で再販らしいぞ。

鳥山明氏の漫画『Dr.スランプ』を原作とするテレビアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』の劇場公開版『Dr.SLUMP“ほよよ!”宇宙大冒険(スペース・アドベンチャー)』に登場した、世界征服を企む“Dr.マシリト”の手下の三悪人が操る宇宙戦艦「ウルトラヘッド」に搭載されるゴキブリの姿を模したモビルスーツ『リブギゴ』のフィギュアが発売されるのである。


ちなみに、このフィギュアは2010年12月に発売されたものの再販となっている。その時も予約が殺到したのか、早々に完売扱いになっていたように記憶している。なお、今回の再販は数量限定になっているので欲しいなら早急に注文した方が賢明だ。


原作に登場する「リブギゴ」は茶色っぽいカラーが採用されているが映画版では紫色となっている、したがって今回の製品は映画版の「リブギゴ」だということになる。


リブギゴの劇中での活躍はどうだったかと言うと・・・・・・と言うか、アラレちゃんは強すぎるので敵う相手はいないだろう。それはブリギゴも例外ではなくアラレちゃんには全く歯が立たなかった。


リアルタイプ「リブゴギ」

Dr.スランプ アラレちゃん
画像拡大

これがゴキブリ型モビルスーツの「リブゴギ」のフィギュアである。

確かにゴキブリっぽい雰囲気は持っているものの、あの特有の気持ち悪くイヤミな印象はない。


この堂々とした姿には貫禄すら感じるところだ。

部分的に“ステンシル”のような演出がみられるのでこのモビルスーツは“リアルタイプ”という解釈で間違いあるまい。



Dr.スランプ アラレちゃん
画像拡大

殺虫剤の噴霧器の形をしたエネルギー砲「リブギゴハイパーキンチョールバズーカ」を構える姿もさまになっている。画像を見る限りではギャグ漫画に登場するキャラとは思えないくらいカッコイイ。


鳥山氏の描くメカやロボットは独特の特徴があって好きである。とは言え、一つ一つ特徴を挙げようとしても言葉に表しにくい。

「さすが鳥山明!」としか表現できない。



Dr.スランプ アラレちゃん
画像拡大

「リブギゴハイパーキンチョールバズーカ」は、このように腰の後部分に取り付けが可能なようだ。

この角度からボディ各所を見ると、残念なことにプラモデルで言うところの“ゲート処理”・・・すなわちパーツの合わせ目の処理がなされていないことが確認できる。



Dr.スランプ アラレちゃん
画像拡大

だが、そのゲート処理を補うかのように、見えない部分も丁寧に造られているのが好印象である。

こういったディテールはユーザーにとって嬉しい部分だ。



メガネっ娘が付属する

Dr.スランプ アラレちゃん
画像拡大

リブゴギには、天真爛漫なメガネっ娘「則巻 アラレ」のフィギュアが付属する豪華なセット内容だ。


劇中において対戦をする両者であるが、地球や月をも壊すほどの怪力を有するアラレちゃんにとってリブゴギを倒すことなど造作もないことだったのである。



Dr.スランプ アラレちゃん
画像拡大

アラレちゃんのみの画像である。

おまけ的なアラレちゃんのフィギュアであるが、約45mmという小型にも関わらず意外と丁寧に造られている。


糞を棒でつつくことを趣味としている彼女が、とぐろを巻いた見事な糞を嬉しそうにかざしている極めて自然なポーズだ。


劇中では、「ほよよ」「んちゃ」「キーン」「バイちゃ」などのオリジナルの言葉を巧みに使うのも特徴だ。



アクションポーズも思いのままだ

Dr.スランプ アラレちゃん
画像拡大

頭部がこんなにも動かせるとは意外だった。


この画像で述べたいことはそれだけだ。



Dr.スランプ アラレちゃん
画像拡大

各関節も思いのほか可動範囲が広いようである。


パーツの合わせ目の処理を除けば全体的な造りは良い。


幾分、アラレちゃん世代以外には受け入れられにくそうな向きもあろうが、造形物としては非常に面白い。



仕様、価格、通販などの情報である

作品名

Dr.スランプ アラレちゃん メカコレクション リブギゴ

製造

CM'S(シーエムズコーポレーション)

参考サイト

Dr.スランプ.com

参考価格

9,240円(税込)

スケール

ノンスケール(全高:約160mm)

セット内容

・本体

・アラレちゃん(約45mm)

・手首パーツ×4種

・ギンチョール ハイパーバズーカ

商品形態

ABS、PVC製 彩色塗装済み1種

原型制作

-

通販で購入

あみあみ Dr.スランプ アラレちゃんで購入する。(6,730円:税込み)

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:Dr.スランプ  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。