何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

D-Arts ロクショウ 『メダロット』

メダロットフィギュア史上、最高の完成度のロクショウが発売!!
メダロット ロクショウ

2012年1月 発売予定

メダルで動くロボットだからメダロットなのだ

ほるまりん氏の漫画を初めとし、ゲームソフト、アニメなどメディアミックス作品として知られる『メダロット』より、2011年7月にバンダイから発売された「D-Arts メタビーメダロット」のライバル「ロクショウ」が満を持しての商品化である。


『メダロット』とは、月刊児童漫画雑誌の帝王“コロコロコミック”に連載される「ポケットモンスター」を沈めるべく、“コミックボンボン”が放った渾身の一撃であったが敢え無くかわされてしまい、ついには2007年“ボンボン”は休刊へと追いやられた経緯をもつものである。


さて、今回のフィギュアはメタビーのライバルと目される、KWG型「ヘッドシザース」のパーツが誇らしい一匹狼なメダロット「ロクショウ」が、メーカーのバンダイ曰く「メダロットフィギュア史上、最高の完成度のロクショウ」と自信満々で発売の運びとなっている。


まァともかく、その自慢のフィギュアを画像でチェックしてみようではないか。


多彩なオプションとこだわりの造形

メダロット
画像拡大

う~む、カッコイイではないか。

マントを羽織ったその姿に風格すら感じる。


劇中でも感じたハイレベルな強さがここに存在している雰囲気だ。



メダロット
画像拡大

マントは着脱が可能となっている。


全体的なバランスに文句はない。


私が、ロクショウについて語れることもこれ以上ない。



メダロット
画像拡大

アクションも申しぶんなさそうだ。


可動する部分は多いようで、見ての通り“角”まで可動するぞ。



メダロット
画像拡大

付属品の数々である。

これら以外にも、メダルやマントが含まれる。


なお、各関節はメタビーと共通になっているのでゲームと同様にパーツの交換も可能だ。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

D-Arts ロクショウ

製造

BANDAI(魂ウェブへ)

参考価格

3,675円(税込)

スケール

-

サイズ

全高:約120mm

付属品

・チャンバラソードエフェクト

・マント

・チャンバラソード交換パーツ

・ピコペコハンマー交換パーツ

・交換用フェイス×2

・交換用手首(左右)

・クワガタメダル

製品形態

PVC、ABS、ダイキャスト製 塗装済みアクションフィギュア

仕様、その他

-

原型制作

-

通販で購入

あみあみ ロクショウで購入する。(2,540円:税込み)

ホビーサーチ ロクショウで購入する。(2,940円:税込み)

※上記した価格は参考までに表示している。実際の通販サイトとは異なる場合もあると心得よ。


スポンサーサイト
テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:メダロット  Trackback:0 comment:0 

メダロットDS KBT00-M メタビー(プラスチックキット)

元祖メダロット メタビー、付属パーツ&ギミック満載でプラキット化!
メダロットDS メダロットDS

2011年6月 発売予定

メダロットの代名詞的な存在「メタビー」

2010年5月27日にロケットカンパニーからカブトVer.とクワガタVer.の2バージョンが同時発売されたニンテンドーDS用RPG『メダロットDS』より、「メダロットが嫌い。」という・・・それは逆に理解があると言えるのでは?とも思われる父親をもつ主人公“アマクラ アズマ”の愛機「メタビー」のプラモが登場である。


この愛機「メタビー」は“カブトver.”と称されるタイプだ。


そして、後にメタビーはアズマによりパーツ交換がなされ「ガンノウズメダロット」と改名する。


ここであらためて「メダロット」について確認しておこう。

メダロットとは、人工知能の役割を果たすメダルを装填する事により機動する全高約1mほどの人型をしたロボットの総称である。

したがって、メタビーやガンノウズもメダロットに属する。

その機体はメダルを中核とし基本フレームであるティンペットに頭胸部パーツ&左腕パーツ&右腕パーツ&脚部パーツの4種で構成され、それぞれに定められた能力を駆使して戦うのである。メダルのみ育成要素があり戦闘を重ねるとレベルや熟練度が上がっていくシステムが採用されている。

つまり、育成型の差替えパーツ式小型ロボットということだ。

キーとなるパーツが“メダル”だと覚えておけば問題ないだろう。


メダロットについては・・・・・・まァ、そんな感じだ。


では、気になる画像のチェックといこう。


ようやく出番ってわけだな!

メダロットDS
画像拡大

う~む、メタビー。


この姿・・・君の目にはどう映っているのだろうか?

私には面白いと思えてもカッコ良くは見えない・・・・・・まァ、人それぞれの趣味趣向や年齢により見た目の感想は異なるだろうから見え方など自由だ。


ただ、微妙な差なのかも知れないが、私は外観上では「ガンノウズ」よりもこの「メタビー」の方が好みだ。



メダロットDS
画像拡大

詳しく見ると、背中に蓋状のものが見られると思う。

そこを開くと『メダロットDS』のキーアイテムであるキットに付属の“メダル”を装着できるようになっている。


それにしても、後姿は“ドム”を彷彿させるほど下半身が豊かで一種の力士のような安定感がある。

力士と言えば、今後が危ぶまれるほどの大問題を抱えているが、私は関与していないので触れないでおく。



メダロットDS
画像拡大

何者かに銃口を向けているアクションポーズだ。


まさに“兵器”という印象を受ける。

いつの時代の物語なのかは知らんが、子供の間でこんな危険なものが大流行している時代なんぞロクな時代じゃないぞ。


それはそうと、この画像を見るにつけ各関節部分の可動範囲は広いようだから色んなポーズで楽しめそうだ。



メダロットDS
画像拡大

「フンガァ~怒ったぞ!」とか叫びながら頭の煙突から煙を出しているのかと思いきや、頭部ミサイルを発射している様子を表すエフェクトパーツを装着した状態なのだそうだ。


これに加えて、腕の銃口部分にはスプリングが仕込まれているので付属のミサイルを発射できるギミックが施されている。

私にはこんなミサイルごとき1回の発射で紛失させる自信がある。



メダロットDS
画像拡大

こちらの画像は付属品の数々である。


なお、このメタビーは4月発売の「ガンノウズメダロット」のあらゆるパーツとの互換性があるので合わせて購入することで組替えの楽しみが飛躍的に向上するのである。



仕様、価格、通販などの情報である

作品名

メダロットDS KBT00-M メタビー(プラスチックキット)

製造

コトブキヤ

参考サイト

メダロットDS

参考価格

3,360円(税込)

スケール

1/8(全高:約150mm)

商品形態

PS、PE製 プラスチックキット

原型制作

糸山 雄大

通販で購入

あみあみ メダロットDSで購入する。(2,290円:税込み)

コトブキヤ メダロットDSで購入する。(3,360円:税込み)

ホビーサーチ メダロットDSで購入する。(2,520円:税込み)

その他、メダロットDS関連

メダロットDS
メダロットDS KBT10-M ガンノウズ(1/8スケール プラスチックキット)

メダロットDS
メダロットDS カブトVer./クワガタVer. ザ・コンプリートガイド

メダロットDS
メダロットDS (カブトバージョン)

メダロットDS
メダロットDS (クワガタバージョン)

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Tag:メダロット  Trackback:0 comment:0 

メダロットDS KBT10-M ガンノウズ(プラモデル)

コトブキヤ メダロット プラキットシリーズ、第一弾は「ガンノウズ」!!
メダロット メダロットDS

2011年4月末発売予定

メダロットDSの主人公機「ガン(カブト)」

2010年5月27日にロケットカンパニーから発売されたニンテンドーDS用RPG『メダロットDS』より、主人公の“アマクラ アズマ”のパートナー「ガンノウズ」のプラモデルである。

プラモといっても、本体はマルチカラーキット・・・すなわち彩色済みのパーツを組立てるだけなので超簡単である。


思い起こせば、1975年に『秘密戦隊ゴレンジャー』が登場してからと言うもの“黄色”のヒーローと言えば“おとぼけ役”であったり“お調子者”あるいは“デブ”というのが通例であったが、ピカチュウの登場以降は黄色の扱いが大きく変化したと言えるだろう。


このガンノウズも黄色が映えるカラーリングが鮮やかである。ピカチュウにあやかって人気を獲得しようとしているのは、もはや確認するまでもないだろう。


さて、元ネタである『メダロットDS』であるがどんな内容なのかを簡単に説明すると、

「空想の世界に生きるキャラたちがバトルをするアノ手のゲームで、人間は手を汚すことなくドンパチやるのはパートナーの役目。」となる。

結局のところ例のポケモンだか何だか言うやつと同じことである。


まァ、しかし・・・・・・私にとってはゲームの内容など何でも良いのである。

オモチャの方が大事なのだ。


命令を・・・するな!

メダロット メダロット メダロット


メダロット メダロット メダロット


ガンノウズは然るべき説明によると、

「最新技術の粋を結集して開発されたカブト型メダロット。射撃能力に特化し未知のポテンシャルを秘めた最新鋭の機体。」なのだそうだ。

これを日本語に訳すと、「主人公機だけに後付設定は何でもアリですっ」となる。


ちなみに、ガンノウズが主人公の“アマクラ アズマ”に言い放った第一声は「命令を・・・するな!」だそうだ・・・・・・う~む、S属性のツンデレキャラにでもするつもりなのだろうか?


さて、プラモの方であるが外観はゲーム内で見るキャラとスケール以外は全く同じと言っても良いように思われる。キャラ自体に新鮮さや斬新さを伺える部分はないが、子供を中心に受入れられ易いデフォルメっぽい外観の印象が人気の要因なのだろう。



パーツの組み替えギミックが健在だ。

メダロット メダロット メダロット


武器のエフェクトパーツやギミックにより組立てた後は飾っておくだけでなく遊ぶ楽しみもあるのが嬉しい。


さらには、今後発売予定の同シリーズとパーツの互換性があるそうなので、それぞれパーツを組み替えることで自分だけのメダロットを作れる楽しみもあるわけだ。

まァ、裏を返せばこれが“販売戦略”というものなのだが、まんまとメーカーの戦略にはまるのも時には良さそうだ。


メダロット

この画像は交換パーツ類のものである。

画像内のフェイスバイザーの右にある3個の弾は、スプリングによって発射させることが可能なのだとか・・・・・・こんなに小さなパーツなど、私は一撃で紛失させる自信がある。



仕様、価格、通販などの情報である

作品名

メダロットDS KBT10-M ガンノウズ(プラモデル)

製造

コトブキヤ ガンノウズ

参考サイト

メダロットDS

参考価格

3,150円(税込)

スケール

1/8(全高:約150mm)

商品形態

PS、PE製 プラスチックキット

原型制作

糸山 雄大

通販で購入

amazonメダロットDSで購入する。(2,652円:税込み)

あみあみ メダロットDSで購入する。(2,170円:税込み)

コトブキヤ メダロットDSで購入する。(3,150円:税込み)

ホビーサーチ メダロットDSで購入する。(2,362円:税込み)

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Tag:メダロット  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。