何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

『13日の金曜日 PART3』プロップレプリカ:ジェイソン マスク

ジェイソンの代名詞
13日の金曜日 13日の金曜日

2012年7月 発売予定

ホラー界の巨頭!

視聴者にわざと恐怖心を与えるように製作された悪意が感じられる映画『13日の金曜日』シリーズの第三作目より、主人公のジェイソン氏がトレードマークとして被っているの「ホッケーマスク」のレプリカが発売である。


君も1度や2度は『13日の金曜日』シリーズを視聴したことがあるだろう。むろん私も観たことがあるわけだが・・・・・・まァなんせ怖いねありゃ。ごくたまにホラー映画とよばれるジャンルの映画を楽しもうとするが、どうやら私にはホラー属性が備わっていないようで、初っ端から精神的なダメージを受けまくりである。

正直、全編を通して観るなど私には到底ムリ。でも興味本位で観はじめて、途中で「観るんじゃなかった」と後悔することがしばしばである。・・・・・・君はどうだい?


ホッケーマスクといえば、ジェイソン。ジェイソンといえば、ホッケーマスク。

13日の金曜日
画像拡大

う~む、真ん丸お目々が実にキュート❤それに加えて“もののけ姫”サンちゃんみたなフェイスペイント風の模様もナイスだ。表面各所に通気孔が設けられているため実際の使用において、息苦しかったり蒸れたりすることも少ないだろう。

なお、画像をズームして見るとよく分かるが、このレプリカマスクは傷や汚れなどの損傷がひどい。しかし、これは劇中でのリアリティを追求した結果であり決して粗悪品ではないことを伝えておく。

部屋に飾るも、対人関係においての恥しさを隠すために被るも良し、本来の使用法通り普段のアイスホッケーで使用するもよしの優れ物である。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

『13日の金曜日 PART3』プロップレプリカ:ジェイソン マスク

製造

NECA(ネカ)

参考価格

4,300円(税込)

スケール

1/1

サイズ

全高約250mm

付属品

-

製品形態

レジン製

仕様、その他

被れなくもないが、一応ディスプレイ用らしい。

原型制作

-

通販で購入

あみあみ 13日の金曜日で注文する。(3,220円:税込み)

ホビーサーチ 13日の金曜日で注文する。(3,440円:税込み)

※海外メーカーによる予約商品の発売予定日は大幅に延期されることがあることは、あらかじめ心得ておくべきである。



スポンサーサイト
テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

Tag:13日の金曜日  Trackback:0 comment:0 

13日の金曜日 パート3 ジェイソン・ボーヒーズ 1/4プレミアムフィギュア

Friday the 13th
13日の金曜日 13日の金曜日

2011年8月~9月末ごろ発売予定

概要である

米国産のホラー映画『13日の金曜日』より、主人公で殺人鬼の「ジェイソン・ボーヒーズ」のフィギュアである。ちなみに『13日の金曜日 パート3』バージョンとのことだ。


“13日の金曜日”がなぜ不吉とされるのか?

・・・に、ついては私はあまり興味がないので調べないが、マルチタレントの「伊奈かっぺい」氏がかつて13日の金曜日にトークライブを行っていたことに起因するとの考え方が専門家の間で有力視されているようだ。


ところで、ホッケーマスクを被り始めたパート3あたりのジェイソンにはまだ人間味があったような気がする。

しかし、続編が出るごとに不死身の超人と化し、肉体が滅んでも必ず復活が可能なズルいキャラに成長してしまった。


そういえば、当初ジェイソンは“母親の復讐”という大義名分のもとで行動していたはずである・・・・・・復讐は遂げたのだろうか?


なお、第54回NHK紅白歌合戦にて司会を務めた中居正広氏が、元モーニング娘2代目リーダーの飯田圭織嬢のことを愛称で「ジェイソン」と呼んだが、正しくは「ジョンソン」が彼女の愛称である。

この呼び間違いに対して司会者および関係者からジェイソン・ボーヒーズ氏への謝罪は無かったとされている。


ジェイソンのプロフィールなど

名前

Jason Voorhees(ジェイソン・ボーヒーズ)

身長

非公表

※ジャイアントな馬場正平氏よりも高そうだ。

体重

未計測

※おとなしく体重計に乗るようなタマではない。

生年月日

1946年6月13日

※2006年6月13日の還暦の誕生日は火曜日であった。

出生地

ニュージャージー州ブレアーズタウン付近

※君の親戚がこの辺りに住んでいるのではなかったか?

種族

人間

※第6作目以降は不死身のバケモノになる。

トレードマーク

ホッケーマスク

※但し盗品。

性格

・無口

・内向的

・キレやすい

※自宅警備員にもこのタイプが多いと言われている。

年齢的には、かつて日本でも人気だったナミビア人俳優の故ザウ・ゴマ氏の2コ下にあたる。2つ違いなのにジェイソンの方が年齢差以上に若く見えるのはホッケーマスクで顔を隠しているせいだろうか?

ただし、ザウ・ゴマ氏の生年月日は任意で適当に決めたらしいから正確ではない。


本当に動くんじゃねぇだろうな?

13日の金曜日 13日の金曜日


それにしても見るからに恐ろしい姿である。

リアルにするにも程があると言いたい。

ホラー映画の『13日の金曜日』を知らなくても、私たち日本人がこいつを見たら「恐ろしく危険な人物」として多くの人が認識するだろう。

一方で、先ずは「醜い奴」と認識する人もいるそうだ。

貧しくてみすぼらしいという意味が込められるのだろうが、私としては人による第一印象の捉え方の違いに驚いた。


こ、こっちを見るなよっ!

13日の金曜日 13日の金曜日 13日の金曜日


マスクから覗く眼光が不気味すぎて部屋に飾るのを躊躇しそうだ。


何度か『13日の金曜日』をテレビで観たことがあるが基本的にはあまり観ないように心がけている。

正直に言って、ホラー映画は怖いのだ。


特に『13日の金曜日』については、回を増すごとに何かとやり過ぎ感が強い。


剣はペンより強い

13日の金曜日 13日の金曜日


う~む、フィギュアのものとは言えこの斧には恐ろしさを覚える。


世の中には理不尽な奴がいるが、ジェイソンも然りである。

とても説得や交渉などの話しが通じる相手ではない。


普段は自宅のフィギュアを眺めて動き出す日を楽しみにしているが、このジェイソンだけは動いて欲しくない。


フィギュアの製品情報

作品名

Friday the 13th Part III - 1/4 Scale Premium Figure: Jason Voorhees(13日の金曜日 パート3 ジェイソン・ボーヒーズ 1/4プレミアムフィギュア)

製造

SIDESHOW(サイドショウ)

参考サイト

映画「13日の金曜日」公式サイト

Friday the 13th

Friday the 13th: The Website

参考価格

40,000円(税込)

スケール

1/4(全高:約580mm)

付属品等

-

商品形態

完成品

原型製作

-

通販で購入

アマゾン13日の金曜日

あみあみ 13日の金曜日(31,900円)

その他、ジェイソン関連アイテム

13日の金曜日
ジェイソン ホッケー マスク
ジェイソン

13日の金曜日
ジェイソン・ボーヒーズ ぬいぐるみ
ジェイソン

13日の金曜日
ワッキーワブラー ジェイソン
ジェイソン

13日の金曜日
クリスタルレイクの恐怖
ジェイソン

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:13日の金曜日  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。