何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

Angel Beats! ゆり

「運命と神に抗い続ける少女。」
Angel Beats! ゆり 美少女フィギュア

2011年4月25日発売予定

概要である

2010年4月から6月まで放送されていたテレビアニメ『Angel Beats!(エンジェル ビーツ)』より、戦線を束ねている少女「仲村 ゆり」がフィギュアとなり登場である。


あいにくアニメの放送期間が短かったこともあり見逃した人も多いことだろうと思う。

この私も見逃した1人である。

・・・まァ、私の場合は最初から見るつもりなどなかったとも言える。


「ゆり」・・・通称「ゆりっぺ」なのだそうだが、この娘がアニメの主人公かと思っていたら、どうやら主人公は「音無 結弦(おとなし ゆづる)」とかいう人物で、ゆりは主要ヒロインではあるが主人公とは違うらしいのである。

また、主要ヒロインと言ってもメインではない。メインヒロインは「天使」なのだそうだ。

ゆりは、SOS団・・・じゃなくて“SSS(死んだ世界戦線)”のリーダーという役どころのようである。すなわちゆりは、サブヒロインに該当するようだ。


アニメの内容は、なんせ死後の世界でのバトルだそうで、ゆりは愛用拳銃のベレッタM92Fでやりまくるのだとか。・・・死んでいる奴に銃は有効なのか?

・・・まァ、それはいい。とにかく最終的には転生にたどり着くらしい。

アニメは1クールで終了してしまったが、かなり駆け足で進行した感がありキャラを掘り下げて個性を出すところまではたどり着かなかったようだ。


アニメ『Angel Beats!』を観たという者から談話を頂戴したのでお伝えする。

「いろんな意味でいろんなアニメの良いトコ取りをしたような作品です。それだけに満足度はバツグンでした。ゆりのことを、涼宮ハルヒに似ているとか、白河 ことりのテイストが感じられるとか言う人がいますが僕は気にしません。Keyの世界観に浸れました。ありがとう。」


フィギュアを画像でチェックだ

Angel Beats! ゆり
画像拡大

う~む、いかにも今時風の美少女フィギュアそのものである。


フィギュアを見る限りツッコミどころはどこにもない。

逆に、コレと言った個性に欠けるとも言える。

この手のフィギュアは、購入する理由を見出しにくい。


個性的な部分といえば、セーラー服にベレッタM92Fという組み合わせくらいであるが、・・・私くらいになると、薬師丸ひろ子の主演映画『セーラー服と機関銃』でお腹いっぱいになって未だに消化不良中なのでこの程度では新鮮味を感じない。



Angel Beats! ゆり
画像拡大

中央が「ゆり」で、右がゆりのライバル的なメインヒロイン「天使(立華 かなで)」、左が主人公の「音無 結弦」だ。


あいにく私はAngel Beats!を見ない主義なので詳しくないのだが、イラストを見るごとに“ゆり”の顔が違うのだが、どれが本当の顔なんだい?


このイラストを見る限りでは・・・サブキャラの“ゆり”が主人公とメインヒロインを喰っちまっている。



Angel Beats! ゆり
画像拡大

後姿は・・・やや腰高感はあるものの、後ろ向きに飾ることなど無いだろうからクリアだ。


スカートやらリボンが風で揺らいでいるような演出が施されているが、一体どの方向から風が吹くとこのようになるのだろうか?

・・・やはり下方向からなのだろうか?・・・私は神経質な方だから、こんな些細なことが気になるのである。


これで定価5,800円・・・クオリティは高い方だとは思うが・・・

・・・中途半端に高けぇなぁ。でも、こんなもんか?



Angel Beats! ゆり
画像拡大

今一度イラストを思い出して比べてみると、原作に忠実なフィギュアとは言い切れないように感じられる。

フィギュアの方が可愛いのだがツン的な要素が希薄だ。

万人向けの表情ともとれなくも無いが、もっとクールな表情に振っても良かったのではないかと思うところだ。

・・・つい、ユーザーに媚びてしまったのだろうか。


しかし、フィギュア単体で見ると特に批判すべきところは無い。

非常に出来の良いフィギュアだと思う。



予約の検討をする

う~む、予約をしても良いのだが定価5,800円ならベレー帽くらいの差し替えパーツは欲しいところだ。でも、このご時勢で5千円台の価格設定は良心的と見るべきかも知れん。


メーカーいわく「SSSのメンバーたちと激しい戦闘を繰り広げる“天使”も鋭意制作中」とのことなので今後に期待の意味も込めて先行投資的な発想で購入するという考え方もある。


なお、2010年12月22日には限定生産版の『Angel Beats! 7 [Blu-ray]』、『Angel Beats! 7[DVD]』も発売され今後に続くことだろう。


また、コスプレイヤーにも“ゆり”は人気があってこんな感じに超イケテる感じである。



仕様、価格、通販などの情報である

作品名

Angel Beats! ゆり

公式サイト

Angel Beats! 公式サイト

製造

グッドスマイルカンパニー

希望小売価格

5,800円(税込)

スケール

1/8(全高:約195mm)

付属品等

-

商品形態

PVC製 塗装済み完成品

原型製作

サンジゲン

通販で購入

Amazon美少女フィギュア(4,345円)

あみあみ 美少女フィギュア(4,320円)

キャラアニ 美少女フィギュア(4,640円)

ホビーサーチ 美少女フィギュア(4,640円)

スポンサーサイト
テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:Angel Beats!(エンジェル ビーツ)  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。