何をさせても動作の遅い私のPCにイライラさせられる毎日ですが、それは私自身を映しているようにも思えて嫌になります。

度重なるフリーズに何度鉄拳を食らわそうとしたことか。しかし、このブログが書けるのもPCのお陰。バカな真似はできません。いつの日か、最新スペックのPCに買い替えられる時まで大事にします。だから機嫌を悪くしないで!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

プチぷりちぃーフィギュアシリーズ No.27 COSMIC BATON GIRL コメットさん☆ コメットさん

エトワール!!
コメットさん

2012年8月 発売予定

瞳に輝きを持つ者を探す宇宙人のお話だ

『鉄人28号』、『伊賀の影丸』、『仮面の忍者 赤影』、『魔法使いサリー』、『バビル2世』、『三国志』などの代表作で知られ、手塚治虫氏や石ノ森章太郎氏とならび日本漫画界における三大巨匠の1人としても知られる横山光輝氏による『コメットさん』を原作としたテレビアニメ『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』より、主人公で魔法使いの「コメットさん」のフィギュアが登場だ。


なお、今回のコメットさんは、テレビシリーズとしては実写版コメットさんを演じた“九重佑三子”、“大場久美子”を含めて考えれば、三代目のコメットさんということになろう。


当方としては、ここのフィギュアのモチーフでもある『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』のコメットさんを推すべきなのだろうが、・・・だが、まァ、その・・・私は“大場久美子”のコメットさんを支持する。


魔女っ娘「コメットさん」登場

コメットさん
画像拡大

これが、ハモニカ星国の王女「コメットさん」のフィギュアである。

『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』が放送されたのは2001年のことなので、すでに10年以上も昔のキャラとなるわけであるが、印象としてはもっとそれ以上の昭和の香りすら漂ってくるような雰囲気は、かえって新鮮に感じる。


なお、コメットさんの足元にいるのはコメットの従者「ラ=ヴァルモット=プロヴォーネ」・・・通称「ラバボー」である。



コメットさん
画像拡大

う~む、決して著しく悪いとも思わないが、どこか繊細さに欠けるというか大味な印象を受ける後姿だ。


しかし、全体的にはアニメのコメットさんと遜色のない造形に仕上がっている点はさすがだ。



コメットさん
画像拡大

差替え用の表情パーツなども付属しているので、アクションも含め楽しむことができるだろう。


さまざまな問題を魔法で解決してくれるコメットさん。

君も、抱えている問題が解決されることを期待して部屋に飾ってみてはどうか。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

プチぷりちぃーフィギュアシリーズ No.27 COSMIC BATON GIRL コメットさん☆ コメットさん

製造

EVOLUTION・TOY(エヴォリューション トイ)

参考価格

7,350円(税込)

スケール

-

サイズ

高さ約130mm

付属品

・表情パーツ

・手首パーツ

・トゥインクルバトン

・ラバボー

製品形態

PVC、ABS、PA 彩色済み完成品フィギュア

仕様、その他

アクションフィギュア

原型制作

-

通販で購入

アマゾンコメットさんで注文する。(6,108円:税込み)

あみあみで注文する。(5,720円:税込み)

ホビーサーチ で注文する。(5,880円:税込み)

情報の内、特に価格については君の目で実際に確認した方がいいだろう。



スポンサーサイト
テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:魔法少女(その他)  Trackback:0 comment:0 

プチぷりちぃーフィギュアシリーズ No.27 COSMIC BATON GIRL コメットさん☆ コメットさん

エトワール!!
コメットさん

2012年8月 発売予定

瞳に輝きを持つ者を探す宇宙人のお話だ

『鉄人28号』、『伊賀の影丸』、『仮面の忍者 赤影』、『魔法使いサリー』、『バビル2世』、『三国志』などの代表作で知られ、手塚治虫氏や石ノ森章太郎氏とならび日本漫画界における三大巨匠の1人としても知られる横山光輝氏による『コメットさん』を原作としたテレビアニメ『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』より、主人公で魔法使いの「コメットさん」のフィギュアが登場だ。


なお、今回のコメットさんは、テレビシリーズとしては実写版コメットさんを演じた“九重佑三子”、“大場久美子”を含めて考えれば、三代目のコメットさんということになろう。


記事の流れで言うなら、ここは『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』のコメットさんを推すべきなのだろうが、まァその私は“大場久美子”のコメットさんを支持する。


魔女っ娘「コメットさん」登場

コメットさん
画像拡大

これが、ハモニカ星国の王女「コメットさん」のフィギュアである。

『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』が放送されたのは2001年のことなので、すでに10年以上も昔のキャラとなるわけであるが、印象としてはもっとそれ以上の昭和の香りすら漂ってくるような雰囲気は、かえって新鮮に感じる。


なお、コメットさんの足元にいるのはコメットの従者「ラ=ヴァルモット=プロヴォーネ」・・・通称「ラバボー」である。



コメットさん
画像拡大

う~む、決して著しく悪いとも思わないが、どこか繊細さに欠けるというか大味な印象を受ける後姿だ。


しかし、全体的にはアニメのコメットさんと遜色のない造形に仕上がっている点はさすがだ。



コメットさん
画像拡大

差替え用の表情パーツなども付属しているので、アクションも含め楽しむことができるだろう。


さまざまな問題を魔法で解決してくれるコメットさん。

君も、抱えている問題が解決されることを期待して部屋に飾ってみてはどうか。



仕様、価格、通販などの情報

作品名

プチぷりちぃーフィギュアシリーズ No.27 COSMIC BATON GIRL コメットさん☆ コメットさん

製造

EVOLUTION・TOY(エヴォリューション トイ)

参考価格

7,350円(税込)

スケール

-

サイズ

高さ約130mm

付属品

・表情パーツ

・手首パーツ

・トゥインクルバトン

・ラバボー

製品形態

PVC、ABS、PA 彩色済み完成品フィギュア

仕様、その他

アクションフィギュア

原型制作

-

通販で購入

アマゾンコメットさんで注文する。(6,108円:税込み)

あみあみで注文する。(5,720円:税込み)

ホビーサーチ で注文する。(5,880円:税込み)

情報の内、特に価格については君の目で実際に確認した方がいいだろう。



テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:魔法少女(その他)  Trackback:0 comment:0 

魔法のスター マジカルエミ(グッっとくるフィギュアコレクション39)

「80年代の魔法少女がここに再現される」
魔法のスターマジカルエミ魔法少女

2011年1月25日発売予定

概要である

1985年6月7日から1986年2月28日まで全38話が放送されたテレビアニメ『魔法のスターマジカルエミ』より、主人公でヒロインの香月 舞(かづき まい)が変身した姿「マジカルエミ」が美少女フィギュア化されたのである。


魔法のスターマジカルエミは、『魔法の天使クリィミーマミ』、『魔法の妖精ペルシャ』に続くスタジオぴえろ制作による「ぴえろ魔法少女シリーズ」の第3弾であった。


マジカルエミは1980年代の魔法少女の代表的な姿である。・・・エミを見て懐かしさがこみ上げてきた兄貴たちも多いことと思う・・・ここがポイントだ。

製作者側としては低年齢層の少女をターゲットとして当時の魔法少女を製作していたはずであるが、実際に視聴していたのは圧倒的に男子の方が多かったのではないかと私は推測している。

そして、当時の魔法少女シリーズを見ていた若者が現在、80年代の魔法少女の流れを受け継ぎ、そこにガンダムとドラゴンボールとドラクエの要素を盛りだくさん取り入れ、さらにジブリアニメにしょっぱさを加えることで現代のニーズに合った魔法少女を製作している。


今でも『魔法のスターマジカルエミ』が魔法少女シリーズの最高傑作だとする声は非常に多いようである。なお、当時の魔法少女の特徴は“ 魔法・アイドル・小物 ”であったとされているが、現在においては“ 魔法・バトル・武器 ”に変化している。


まァ、ぶっちゃけ君も思っている部分だろうが、今のアニメの多くについて・・・・・「出てくるアニメが全部同じに見えるじゃねぇか!いや、むしろ違いが分からんぞ!そもそも誰でもかれでも魔法を使うんじゃねぇ!」と、言いたいのではないか?

しかし・・・う~む、まだスッキリしないが現在の魔法少女系アニメで十分満足している奴が多いのも現実である。・・・だから、あまり言うのはよそう。

でも、一方でこのような声が上がらないと製作者としては逆に行き詰まるものでもある。


フィギュアを画像でチェックだ

魔法のスターマジカルエミ
画像拡大

このフィギュアの原作となる『魔法のスターマジカルエミ』が放映されたのはちょうどバブル期である。

しかし、アニメからはバブリーさが微塵も感じられない。

アニメ業界は景気に左右されないのだろうか?


さて、このフィギュアは本作の主人公“香月 舞”が“マジカルエミ”に変身した姿であるが、変身することで身長が随分と伸びている。

そして、驚くことに年齢まで11歳から16歳へと変化しているのである・・・変身したら歳をとるとは・・・理解しがたい。

主人公が16歳になるまでアニメが続いて欲しかったものである。



魔法のスターマジカルエミ
画像拡大

これが、原作のイラストである。

原作と言っても、『魔法のスターマジカルエミ』は完全にオリジナルなのでアニメ自体が原作である。

画像の右側が“舞”で左側が“エミ”である。

今回のフィギュアは左のエミがモチーフとなっている。



魔法のスターマジカルエミ
画像拡大

さて、イラストを踏まえてもう一度フィギュアを見てみる。

・・・するとどうだ、フィギュアの顔がえらく老けているように見えないか?ハッキリ言ってしまうと“おばちゃん顔”のようだ。


しかし、このことは造形に問題があるのではなく、私自身が現代の美少女フィギュアの造形に囚われすぎて80年代の美少女を正確に認識できなくなっているものと思われる。


最近では有得ないほどのヘアスタイルに、イケテないコスチューム、どこか緩さを感じるボディーラインなどに戸惑ってしまう。

ただし、フィギュア自体に何ら問題点を見出すことはない。・・・やはり問題があるのは私の眼力の方か (● ̄▽ ̄●;)



魔法のスターマジカルエミ
画像拡大

このような付属品があるようだ。


・・・そんなことより、腕の関節部分を見るにつけ“武装神姫武装神姫”を連想したしまった・・・神姫の誰かとパーツの互換性があるのではないかと一瞬思ったが・・・有得ん話だ忘れてくれたまえ。



トポ
画像拡大

舞に魔法のブレスレットを与えた妖精「トポ」という生物である。コレも付属する。

いわゆる、UMAであろうが、UMAという言葉自体にちょっと懐かしさを感じた。いや、確認できているからUMAではないのか。

ちなみに、“UHA”は、味覚糖である。



予約の検討をする

全体的に良くできたフィギュアのよである。いかんせん、定価で税込み1万円を越えているのが痛恨である。


現代の二次元キャラからおこしたフィギュアに比べ、80年代のキャラということもあり何となく緩さを感じるのも事実である。しかし、ボディのバランスは非常に良いようで、私は違和感を感じる部分は無いと思っている。


魔法少女の原点を辿ればさらに過去に遡ることになろうが、萌える魔法少女としては「ぴえろ魔法少女シリーズ」が原点だと言っても差し支えはないだろう。

その意味で、この「魔法のスターマジカルエミ」のフィギュアは、狙撃銃などで言うところの“ゼロイン”と同等の状態を私たちにもたらしてくれる逸品なのかも知れんぞ。


今後も良い獲物を射止めるために必要なフィギュアだと結論づけたい。



仕様、価格、通販などの情報である

作品名

グッっとくるフィギュアコレクション39 魔法のスター マジカルエミ

公式サイト

魔法少女シリーズ公式サイト(studioぴえろ)

製造

CM's(シーエムズコーポレーション)

希望小売価格

10,290円(税込)

スケール

ノンスケール(全高:約200mm)

セット内容

・本体

・表情パーツ×4

・手首セット

・シルクハット

・ステッキ

・トランプ

・トポ

・新グッコレスタンドセット(黒)

商品形態

PVC、ABS、PA製塗装済み完成品

原型製作

-

通販で購入

アマゾン魔法少女(7,981円)

あみあみ 魔法少女(7,580円)

キャラアニ 魔法少女(8,747円)

ビッグビィ 魔法少女(8,232円)

ホビーサーチ 魔法少女(8,232円)


ところで、この娘は“舞”から“マジカルエミ”に変身すると11歳から16歳になり毛髪の色や体型が変化する訳であるが、日本人女性の11歳の平均体重が約39kgで、16歳の平均体重が約53kgだそうだ。


・・・この場合、質量保存の法則はどのように作用するのだろうか?


もしも機会に恵まれれば、空想科学研究所主任研究員の柳田理科雄氏にご意見を伺いたいものである。

テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:魔法少女(その他)  Trackback:0 comment:0 

獲物を探す
次なる獲物リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。